自動化メディアの知名度、人気ランキング!

SANGOカスタマイズで過去記事のランダム出現をやめました。【おおえびのブログ論】

もうすぐで1年になる暮らしの自動化メディア「ASHETPIA」(アシェトピア)。数回のデザインリニューアルなどを経て、個人的に学んだ・思ったことを「1年前の自分に教えてあげるような形」で少しずつ綴っていく「おおえびのブログ論」。今回は過去記事をランダム出現させるショートコードをやめたというお話。

この記事を読んで分かること

  • 記事のランダム出現は良くも悪くも過去記事にスポットを当てることができる
  • ユーザーにとってより新鮮な情報を見てもらうためにショートコードを変更!

SANGOの便利なショートコード「指定したIDの記事を指定した数出力」

SANGOには下のショートコードで任意のカテゴリーIDを好きな数だけ出力することが可能です。

「catpost catid=”カテゴリーID” num=”出力する記事数”」

例えばこの自動化メディアで「WORK」というカテゴリを2つ出力したいとなれば以下のように出力されます。

HTML名刺、Twitterのフォローしている人の名刺が見れるという機能が神レベルの便利さ QRコードをワンタップで自動作成するiPhoneショートカット「SPEED QR」が鬼便利。

自動で該当する記事を取得してくれるため、ブログ運営において非常に重宝しています。またカスタマイズの汎用性も高いことで評判も良く、私はこれまで

「catpost catid=”カテゴリーID” orderby=”rand” num=”出力する記事数”」

というショートコードを利用して「過去記事をランダムに出現させる」ようにしていました。以下の表示、更新して頂くと毎回内容が変わるかと思います。

情報を更新する

Twitterで1万いいねもらうとどうなる?気になる詳細データを大公開! AIがイラストに自動着色!無料で使える「PaintsChainer」が脅威的!

こうすることによって過去に書いた記事にもスポットが当たり、ユーザーにより多くの情報を見てもらえるようになりました。当時、過去記事が新着記事で埋もれていくことを回避したかった僕にとっては最良の判断だと思っておりました。

とあるショートコード1つで過去記事が息を吹き返した魔法のようなカスタマイズ

 




ユーザーにとって本当に親切な設計になっているか

とあるショートコード1つで過去記事が息を吹き返した魔法のようなカスタマイズ

過去記事が新着記事で埋もれていくことを回避するための最良の一手。しかしながらその最良の判断は「誰にとって最良の判断であるか」ということについて悩み始めました。「過去記事にスポットが当たることで沢山見てもらえる」というのは他でもない「僕にとっての最良」であり「ユーザーにとっての最良」ではないということ。

ユーザーにとっては「鮮度が高い」「質のいい」情報に触れられることが最良と考えるとサイト訪問したユーザーに「過去の記事を見せること」は必ずしも喜ばれることではない可能性が高いです。もちろん鮮度に関係ない情報、たとえばトレンドに左右されない内容であるならば時期に関係なく、より多く視認できるほうがユーザーにとってもいいでしょう。しかしながらこの暮らしの自動化メディアでは急激なスピードで進化していく技術の時代において大なり小なりトレンド要素が必要です。であるならばユーザーに求められているのは「鮮度」「高品質」な情報。

そこで暮らしの自動化メディアでは過去記事のランダム出現のショートコード「orderby=”rand”」の部分を削除し、各カテゴリでなるべく最新の情報を見て頂けるように変更を施しました。

今後も引き続き勉強・実践・分析を繰り返し、より良いメディア作りができるよう尽力していこうと思います。どこかの誰かのブログ運営の一助となれば幸いです。

引き続き自動化メディアをお楽しみください。