自動化メディアの知名度、人気ランキング!

【驚愕】Apple Watch、わざわざパスコード入力しなくてよかった。

Apple Watchにパスコードをかけていらっしゃる方多いと思いますが、腕につけた時に毎回パスコードを入力していませんか?実はある設定1つでパスコードはかけながらも、解除操作を自動化できるのです。

この記事を読んで分かること

  • Apple Watchでパスコード入力している人はiPhoneに注目!
  • 簡単設定でApple Watchの操作不要でパスコード解除!

Apple Watchは「手首検出」で情報を守る。

Apple Watchには「手首検出」という機能があり、パスコードを設定している場合、Apple Watchを装着していない時は手首検出機能によりロックがかかり、情報を安全に保つことができます。

Apple Watch App

マイウォッチ

パスコード

手首検出

上記の操作で設定が可能です。

とここで発生するのが

手首につけた時にパスコードを解除しなければならないこと

これが意外と面倒で簡単なパスコード設定をしている方なら4桁、それ以外の方なら最大10文字程度のパスコードをApple Watch上で入力しなければなりません。

「いやいや、まずパスコード設定しないよwww」という方、Apple Payも使える端末をロックしないのもあれなのでぜひこれを機会に設定を考えてみましょう。




iPhoneのロック解除とApple Watchはリンクする。

今回の答えはこの1枚に詰まっています。

この2番目に記載されている

iPhoneでロックを解除

オンにするとApple Watchを装着している時にiPhoneのロックを解除するとApple Watchのロックも解除されるという設定。

つまりはApple WatchをTouch IDもしくはFace IDでもロック解除できるといっても過言でないリンク機能があるのです。(知ってたらごめん、最近気付いた。)

私はセキュリティ上毎度装着のたびに10桁入力していましたが(入力していた期間が長すぎてものすごいスピードで入力できるけれど)IDでの解除スピードには叶いません。

これを機会に少しでも時間効率をあげる設定にしてみませんか?

引き続き自動化メディアをお楽しみください。