自動化メディアの知名度、人気ランキング!

QRコードをワンタップで自動作成するiPhoneショートカット「SPEED QR」が鬼便利。

QRコードを作りたいとき「QRコード 作成」と調べて、”QRコード作成サイト”で作られる方も多いのではないでしょうか。しかしながらその作業はiPhoneのショートカットで作成できる時代になりました。しかもたったの1秒で。

この記事を読んで分かること

  • iPhoneショートカットでQRコードを作成しよう
  • 史上最速レベルの作成スピードを体感しよう

iPhoneショートカット「SPEED QR」を早速使ってみよう

今回は今まで紹介したiPhoneショートカットレシピの中でも最速と言われるほどレシピ内容が少ないため、早速使ってみましょう。下のボタンから作成済みのiPhoneショートカットレシピがありますので使ってみてください。

iPhoneショートカット「SPEED QR」

ショートカット自体に「QRコードを生成」というレシピがデフォルトで存在するため、簡単なレシピ内容となっています。今回は既にクリップボードにあるもの、つまりはコピーしてあるものを瞬時にQRコードにするというものですが、用途に応じて入力と出力先をカスタマイズできるため、自分の使いやすいレシピに変更してみましょう。




SPEED QRの速度を体感してみよう

このGIFでも紹介しているように「既にコピーをしている情報」を1秒以内にQRに変換してくれるこのスピード感。わざわざブラウザを立ち上げずに作成できるという利便性を感じていただけるはずです。

ショートカットレシピウィジェットから簡単起動

iPhoneのホーム画面から左のページに移動すると「ウィジェット」と呼ばれる短縮化ツールが利用できます。そこに「ショートカット」を設置しておくと

スワイプしてすぐにショートカットの利用が可能となり、よりショートカットのメリットを活用することが可能です。

様々なアプリケーションがウィジェットに対応しているので、お気に入りを登録して素早いアクセスを実現してみましょう。

iPhoneでGIFを自動作成できるショートカットレシピ「GIF maker」が鬼便利!

引き続き自動化メディアをお楽しみください。