▷ 5,000円で始める自動化スマートホーム

スマートリモコンおすすめシーン機能3選【2019年最新】【PR】

スマートホームには必須の「スマートリモコン」。今回はそんなスマートリモコンの目玉とも言える「シーン」にスポットをあて、今最も知ってほしい「スマートリモコンおすすめシーン」をご紹介いたします。

この度「価値あるモノを創造し、価値あるサービスを提供する」株式会社リンクジャパン( LinkJapan Inc)様から最新スマートリモコン、eRemoteシリーズから「eRemote mini」とePlugシリーズから「ePlug C1」をご提供頂き、スマートホームに欠かすことのできないその優れたシーンに迫ってまいります。

この記事を読んで分かること

  • スマートリモコンでスマートホームは完成される
  • おすすめシーン機能3選【2019最新】の紹介

スマートリモコン「eRemote mini」便利機能「シーン設定」

今回扱うスマートリモコン「eRemote mini」は自宅のエアコンやテレビなど赤外線リモコンで操作するタイプの家電を高機能なIoT家電に早変わりさせる、最新スマートリモコン。

その中でも「シーン」と呼ばれるシチュエーションに合わせて家電をまとめて操作する機能が、スマートリモコンの真髄といっても過言でない利便性を備えています。

実際にスマートリモコン「eRemote mini」公式で紹介されているシーンをいくつかみておきましょう。

公式おすすめ!スマートリモコンシーンレシピ3選

実際にリンクジャパン公式様がホームページで紹介しているシーンレシピを改めてご紹介。

「おはよう」ー朝起きたときに便利なシーン設定

「おはよう」のシーン設定で

ランプ→ON

テレビ→ON

エアコン→ON

ベッドの中から家電をコントロール。リビングに入ったら既に快適な部屋ができている状態に。これだけで朝の満足度・幸福度が変わります。本来であれば3つそれぞれのリモコンでスイッチで操作しなければなりませんから、おはようのシーン設定でワンタップもしくは「アレクサ、おはよう」と声をかけるだけで完了してしまう短縮化。

 「いってきます」ーお出かけの際便利なシーン設定

「いってきます」のシーン設定で

ランプ→OFF

テレビ→OFF

エアコン→OFF

意外と盲点なのがこの「いってきます」というシーン。仮に外に出てしまった後でも家電の操作ができるというのは大きなメリットです。

「あれ?テレビ消したっけ?」「リビングのエアコン消したっけ?」などといった不安を解消。シーンに設定することで登録している家電を一括OFFにし、無駄な電気を使わないように対策できます。「旅行中にエアコンつけっぱなし」だったとかは一番避けたいことですね。

「ただいま」ー帰宅前に便利なシーン設定

「ただいま」のシーン設定で

ランプ→ON

テレビ→ON

エアコン→ON

最後は「ただいま」の合図で全てをON。仕事や外出から帰ってくると疲れて何もしたくないことも多くあります。ましてやあれをつけて、これをつけてとただでさえ疲れているのに、家を快適にするためにせかせかと動かなければならないというのは苦行。しかしながらこれも「おはよう」と同様シーンに組み込んでおけば、さらに外出先からシーンの実行をしていれば帰ってきた頃には快適な部屋が疲れ切ったあなたをお出迎え。ここまでくると執事のような存在に。

いつも無意識に操作をしている「名前のない家事」。しかしながらこの「名前のない家事」に人々は短くも多くの回数、時間を費やしています。その時間、手間を完全に短縮化。スマートホームの醍醐味ですね。