自動化メディアの知名度、人気ランキング!

iPhone、Apple Watchで1日の水分補給管理を自動化できる「WaterMinder」が最高に便利!

1日にどれだけ水分をとっているでしょうか。今日はしっかりと水分を取っていたのか、はたまた取りすぎていたのか。把握できていない方も多くいらっしゃると思いますが、「WaterMinder」を使うことで今日から全て自動管理することが可能になります。健康の数値化で楽しく元気な毎日を過ごしましょう。

あまりにも愛が強すぎたのか、まさかの「WaterMinder」公式様からもありがたいことにRT頂きました。

この記事を読んで分かること

  • 水分補給の自動管理「WaterMinder」が非常に便利!
  • 普段飲むものを登録しておくことでApple Watchとのシナジーが強くなる!

WaterMinderー水分補給の自動管理が非常に便利!

Appleのおすすめアプリにふとでてきた「WaterMinder」。前から気になっていたのですが、水分補給をわざわざ管理なんてしなくていいかと思って自然と敬遠していました。

しかしながら熱中症が多発する日本の夏を目の前に「さすがにこれは自分でも管理しておかないといけないな」と思うように。では実際に管理を…と思った矢先のこと

  • 1日どれくらい飲めばいいの?
  • 何を飲めばいいの?
  • どうやって管理すればいいの?

と疑問ばかりに。奇跡的にそのタイミングでまた「WaterMinder」との出会いがあったので今回使ってみることに。

するとびっくり。正直今まで使わなかったことを後悔するレベルの使いやすさわかりやすさ。

特にすごいと思った点が

  • 自分の体、自分の住む環境下において必要な水分量を自動計算。
  • タイムスタンプとグラフで自分の水分補給状況がわかりやすく把握可能。
  • 自分のよく飲む量、飲み物を登録することでウィジェットやApple Watchから簡単アクセス。

といった点。アプリをインストールしてから使うまで本当に簡単なので次のテーマで一緒に使ってみましょう。




WaterMinderを実際に使ってみよう!

実際に何をするかといっても正直にいってあまりにも簡単なセットアップなため細かい説明は必要ないのですが少しだけ。

  • STEP.1
    「WaterMinder」のインストール
    App Storeから「WaterMinder」をインストールします。

    「WaterMinder」のインストールはこちら

  • STEP.2
    「WaterMinder」を起動
    アプリの指示にしたがって進めていきます。
  • STEP.3
    環境詳細を入力
    体重・活動量・暑さ等の基本情報を入力して準備を完了させましょう。
  • STEP.4
    飲み物のデフォルトを登録
    よく飲む飲み物を登録しておくことで簡単に記録することが可能になります。必ずしなければならないというわけではありませんが、この登録をしておくことで効率化の真価が発揮されるといってもいいでしょう。
  • STEP.5
    全てのセットアップ完了
    これで準備は完了です。ヘルスケアとの同期も便利ですのでお忘れなく

WaterMinderはApple Watchでその真価を発揮する。

Apple Watchからの操作が抜群に使いやすいです。飲んだら該当する量をワンタップ。Apple Watchホーム画面にも「WaterMinder」を設定することができるため、いつも水分補給管理のトレーナーが付いてくれているような感覚。

実際に1日使ってみると「お、ちょっと水飲んでないな」「何かする前にお水飲んでおこう」など水分補給に関する意識が自然と高まります。飲みすぎるのはよくないですが、もちろん飲まなさすぎもよくありません。1日にどれだけ水分補給をしているか数値化してみませんか?

「WaterMinder」のインストールはこちら

引き続き自動化メディアをお楽しみください。