▷ 5,000円で始める自動化スマートホーム

Manfrottoのミニ三脚が最高の商品である3つの理由。

おおえびてんどん

本当に最高の商品。

今日もASHETPIA【アシェトピア:LIFE STYLE HACK MAGAZINE】を見てくださりありがとうございます。編集長のおおえびてんどん(@oab10don)です。

融通効きすぎる三脚

ブロガー必須アイテムでもある

世の中には「絶対に1つは持ってたほうがいいもの」ってありますよね。人それぞれあると思いますが、私の中では「MacBook」「Apple Watch」「Nintendo Switch」に並ぶレベルで持っていたほうがいいと思えるものがあります。

それが「Manfrottoミニ三脚」。生活の中で恐ろしい頻度で利用し、言ってしまえばずっと持ち歩いているものです。

たかが三脚とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、もし「日常でカメラを使うこと」が多くて、このミニ三脚を持っていないというのであれば、是非今すぐ購入してみてください。使ったらわかる快適さが待っているといっても過言ではありません。

では実際何が融通きくのか、なぜ絶対持つべきなのかと言えば、それは3点の理由があります。

  1. 機動力
  2. 軽量モデル
  3. ポジショニング

1:機動力

まず驚くべきは、展開の速さ「機動力」。一瞬で展開し、一瞬で収納できるこの速さが撮影の質をより高めてくれます。

2:軽量モデル

次に「軽量モデル」。持っているモデルは本体が188.5gしかないため、私は常にカメラにつけたまま持ち運びをしています。

三脚は重いというイメージがありますが、全く逆の軽量型で重さも気になりませんし、むしろつけたままの方がカメラの取り出しやすさや準備までの時間短縮になって効率がいいとさえ思います。

3:ポジショニング

最後に「ポジショニング」。これが一番のポイントかもしれません。カメラ撮影の際、画角を固定できるというのは腕が2本生えたくらいの便利さに匹敵します。

Manfrottoのマークを押し込むと固定部分が360度稼働するようになり、まあえげつない角度までカメラを傾けることができます。

この角度でとっても本人は今一切手を使っていないわけですから、構図の整理や、光源の調整など細かいところまで手を加えることができます。




おおえびてんどん

実際に使うとわかる楽しさ。マンフロット様ありがとうございます!