自動化メディアの知名度、人気ランキング!

スマートプラグの使い道で暮らしの自動化が加速。スマートホームを支える「ミニスマートWi-Fiプラグ」

「電気を自動でコントロールする」時代を楽しみましょう。

自動化メディアに新しく仲間入りしたスマートプラグ「ミニスマートWi-Fiプラグ」。小さいフォルムではありながらもスマートホームを支えるしっかりもの。このスマートプラグが無限の可能性を秘めているため、今後当メディアでどんどん楽しさを追求していく予定です。どうぞお楽しみに。

今回はスマートプラグの最初のお話。

この記事を読んで分かること

  • スマートプラグはなにができるのか
  • 無限の可能性が広がるスマートプラグ

スマートプラグとは一体何か

スマートプラグとは簡単に言えば「コントロールできるコンセント」と言えるでしょう。今回のスマートプラグ「ミニスマートWi-Fiプラグ」もそのひとつ。主にできることとして

  • どこでもスマホから電源を操作が可能。
  • スケジュール設定で電源オン/オフのスケジュール、タイマー、カウントダウンの操作ができる。
  • つながっている電化製品のオン/オフを外出先でも確認することができる。

などが挙げられます。




スマートプラグが無限の可能性を秘めている理由

なぜこのスマートプラグが無限の可能性を秘めているか、それは「電源の根幹」をコントロールできるからという点です。どのようなガジェットも多くが電源、電池を必要とします。それに電源、電気を与えるプラグをコントロールできるというわけですから、可能性はガジェットの数だけといっても過言ではありません。

電源⇔スマートプラグ⇔ライト

電源⇔スマートプラグ⇔ディスプレイ

などはもちろん活用可能ですし、個人的な極端な例ですが、真っ先に思いついたくだらない利用法で「サーキュレーター+スマートプラグ」で設定した時刻に暴風で起床するなんていう狂気じみたレシピも可能です。

注意
無人で稼働した際に火災・感電・障害の危険が生じる恐れのある機器には利用しないようにしましょう。詳しくは商品説明をご確認ください。




活用するにあたって理解しておかなければならないこと

スマートプラグには無限の可能性があるとわかったところで、様々なレシピを思い浮かべられると思いますが、レシピを考える上で何点か理解しておかなければならないこともあります。それが

電源のオンオフがメインで家電の細かい操作はできないこと

ということです。電源の供給をコントロールできるが、極端に言えばそこまで。電源をつけて、エアコンの温度を調整できるかというとスマートプラグではそこまではできません。(違う製品にて対応可能)

そこを理解しておくとシンプルかつ便利なレシピが生まれます。今回はここまで、次回から様々なレシピを考案、提案してまいります。

スマートプラグ「ミニスマートWi-Fiプラグ」の詳細について

引き続き自動化メディアをお楽しみください。