自動化メディアの知名度、人気ランキング!

スマートプラグ「ミニスマートWi-Fiプラグ」の詳細について

先日紹介したスマートプラグ。どのような大きさなのかというお声も頂きましたので、今回はスマートプラグ「ミニスマートWi-Fiプラグ」の物体的な詳細についてのご説明です。

スマートプラグの使い道で暮らしの自動化が加速。スマートホームを支える「ミニスマートWi-Fiプラグ」

この記事を読んで分かること

  • スマートプラグ「ミニスマートWi-Fiプラグ」の重さ、大きさ
  • 使用時のスペースにおける注意点

想像以上に軽かったスマートプラグ

見た目の長方形が少し重そうなイメージのスマートプラグでしたが、実際に持ってみると少し重い卵くらいでした。(少し重い卵とは)

実際に計量してみたところ、その重さ

83g

スマートプラグ自体をコンセントにさすため、優れた機能がありながらもスマートプラグ自体バッテリーや電池というものをもっていません。そのような点も軽量である所以でしょう。

計量の世界では卵1個が約60gとされているようですので、少し重い卵もあながち間違いではなかったということですね。(大勝利)

本体自体による特別な操作は不要なため、外観に付いているのは手動でオンオフを管理できるボタン1つのみ。これもスマートフォンやスマートスピーカー、タイマー等で操作が可能なため、実際にコンセントに差してからは触れることはなさそうです。




4cmの突出をどう考えるかという問題

実際に利用してみて、個人的には全く不自由なく快適なスマートプラグライフを送れているのですが、人によってはこのコンセントからの4cmのでっぱりがあるということを理解しておかなければなりません。

サイズ(コンセント接続時)

6.6×4.0x4.2cm

この4cmにさらに家電をはじめとするプラグがささることを考えると、想像以上にせり出してきます。確かに性能上このコンパクトさは驚きの小ささですが、レイアウトによっては主張が激しくなることも考えられるため、購入の際はどのように利用するかということを頭に入れておくべきでしょう。

スマートプラグの使い道で暮らしの自動化が加速。スマートホームを支える「ミニスマートWi-Fiプラグ」

引き続き自動化メディアをお楽しみください。