▷ 5,000円で始める自動化スマートホーム

myBridge、自動名刺管理アプリのシェア機能が非常に便利。

たくさん頂くことになる名刺の管理、自動化していますか?

以前名刺の自動管理ということで「Eight」を紹介させていただきましたが、今回は新しく「myBridge」というLINEの名刺管理アプリが使いやすかったためご紹介です。

この記事を読んで分かること

  • LINEの名刺管理アプリ「myBridge」の設定手順
  • myBridge」のメリット

myBridge」LINEの名刺管理アプリが登場

今回ご紹介するのはLINEの名刺管理アプリ「myBridge」。名刺を撮影するだけで正確にデータ化、検索機能に優れながらも全機能が無料という破格の名刺管理スマホアプリ。

LINEの名刺管理アプリ「myBridge」

以前紹介した名刺自動管理「Eight」も大変使いやすいアプリでしたが、今回はLINEのアプリということもあって、今後のユーザーの伸び代に期待して利用をはじめました。

まだ地方ではデジタル名刺は普及しておらず、まだまだ紙の名刺が主流です。なんとか普及して欲しいですね。




自動名刺管理「myBridge」の設定方法

それでは早速自動名刺管理アプリ「myBridge」の設定をしてみましょう。

  • STEP.1
    アプリをダウンロード
    アプリをダウンロードして起動しましょう。 LINEの名刺管理アプリ「myBridge」
  • STEP.2
    LINEで認証
    アプリの指示に従い、LINEにて認証をして戻ります。
  • STEP.3
    チュートリアルを進める
    アプリの指示に従い、始めるを押します。
  • STEP.4
    自分の名刺を登録
    自分の名刺を登録できます。のちに便利なシェア機能があるため、是非登録しておきましょう。
  • STEP.5
    基本設定完了
    基本設定はこれで終わりです。持っている名刺を登録するなどして、整理してみましょう。




myBridgeの最大のメリット

今回の自動名刺管理アプリ「myBridge」で個人的にものすごく便利だと思っているのが、この「名刺をシェア」機能。

様々なツールによって名刺データを共有できます。LINEのアプリということもあってすぐLINEに共有できるのも魅力の1つ。LINEに送る際は画像ではなく、

名刺情報のテキスト

アドレスのリンク

myBridge」のリンク

という風に情報を送信するため、受け取った側の動きの選択肢が多く、汎用性の高さを感じます。

「ショートカット」も中に入っていたのでまた何かできそうですね。(公式様からもコメント頂き、ショートカットに関しては後述しております。)

個人的に今欲しいのが、その場で「myBridge」同士の名刺交換機能。今後のアップデートで追加されるのを楽しみにしています。




myBridgeはショートカットで捗る。AirDropを組みこもう。

この記事を作成後、ふとショートカットとの連携を試したところAirDropとの相性が良かったため共有いたします。myBridge公式様からもお言葉を頂きました。

https://twitter.com/jp_myBridge/status/1120897355577008128

詳しい方法、手順は以下の通りです。事前にAirDropを組み込んだショートカットが必要になるので以下からダウンロードしてください。

ショートカットレシピ「AirDrop」をダウンロード




  • STEP.1
    名刺詳細からシェア機能を利用
    「もっと見る」を選択します。
  • STEP.2
    「ショートカット」を選択
    選択肢に出ない場合は1番右の「その他」からショートカットを選択しましょう。
  • STEP.3
    「AirDrop」を選択
    事前にショートカットを作成、もしくはダウンロードする必要があります。レシピダウンロードはこちらから。
  • STEP.4
    対象者を選択
    送りたい人をタップして送信完了です。

一度設定すると、次からはすぐにAirDropの利用が可能になるため、以上の手順で設定してみましょう。

myBridgeは使いやすさが抜群でしたので、今後もさらに便利な使い方がないか追求していきたいと思います。

引き続き自動化メディアをお楽しみください。