▷ 5,000円で始める自動化スマートホーム

名刺は5秒で捨てよう!これからはスマホで渡す、保存、連絡の時代「Eight」

おおえびてんどん

社会人になると頻繁に名刺交換しますよね。いまだに紙媒体が主流ということから名刺が苦手。私は全部データでやりとりしています。

今日も自動化メディアASHETPIA【アシェトピア:LIFE STYLE HACK MAGAZINE】を見てくださりありがとうございます。編集長のおおえびてんどん(@oab10don)です。

今おすすめする自動化はこちら!

おおえびてんどん

amazonから始まる新しい本のサービス、無料体験中!本は読まずに自動的で耳へ!

名刺はもらったその日に捨てる習慣

タイトルに悪意がありますが、要はいただいた名刺はスキャンしてデータ化、紙の名刺は不必要の状態を作るということでございます。スキャンしてしまえば、かさばることも無くすこともありません。この癖をつけるとビジネスで非常に楽になります。




名刺管理アプリ「Eight」を使おう

おおえびてんどん

紙の名刺渡してくれる方に失礼ではありますが、これに慣れると「え、まだ紙なの?」となるレベル。

Eight」は名刺をアプリから撮影するだけでデータの入力を開始してくれます。4枚同時スキャンが搭載され、1回で4枚の名刺をスキャンすることが可能となりました。これは作業がかなり効率的になりました。

また、名刺はいただいたことがあると思うけど、どこの誰だっけ。前に名刺もらったのが確かここに保管していたはず…などという一切の手間から解放されます。アプリ内のネットワークにアクセスすれば、スキャンした時期から、ラベルごとの呼び出しなど必要に応じて迅速に引き出してくれます。

そして個人的に大きいポイントだと思っているのがSNSの代替になる点。SNSで仕事とプライベートが混ざるとデメリットも発生してくることが多くありますが、Eightであれば仕事関係だけのSNSとして利用することができるのでしっかりと仕事とプライベートに線引きが可能です。

Eight公式ホームページはhttps://8card.net/
アプリのダウンロードはこちらから

 

 

おおえびてんどん

こちらが行うことはただ名刺をスキャンするだけ。あとは使いたいように使えることが大きなメリットですね。無駄な時間は省いて、自分の時間を作っていくのも社会人においては重要なのかもしれませんね。

引き続き自動化メディアをお楽しみください。