▷ 5,000円で始める自動化スマートホーム

GoPro公式デイパック「Seeker」が大幅リニューアル!

アイキャッチはGoPro公式ページSeeker(シーカー)より素材引用

おおえびてんどん

そろそろSeekerに移行するときがきたようですね。

今日も自動化メディアASHETPIA【アシェトピア:LIFE STYLE HACK MAGAZINE】を見てくださりありがとうございます。編集長のおおえびてんどん(@oab10don)です。

PC安全収納可能になったSeeker(シーカー)

今回買いである理由はリニューアル後価格が安くなった面に合わせ、15インチまでのノートパソコンが収納可能になった点です。クッション性の高いノートパソコン収納ポケットが付いているのは相当ありがたい話です。

その他機能をみてみましょう。

  • カスタマイズ可能なライナー付きコンパートメントには、最大 5 台の GoPro カメラ、複数のバッテリー、microSD カードを収納可能
  • ハイドレーション パック、ノートパソコンの両方に使用できるコンパートメントは、2 リットル¹ までのパック、または 15 インチまでのノートパソコンに対応
  • 取り外し可能なチェスト マウントで、目の高さからハンズフリー撮影が可能
  • 調節機能付きショルダー マウントで、GoPro を常に手の届くところに配置しながら即座の撮影に対応
  • アームを延長した 3-Way や El Grande (97 cm 延長ポール) (共に別売) を使用すれば、肩越しのショットも可能な特別設計
  • お手持ちの小物、GoPro マウント、アクセサリー、および Karma のための汎用性の高いメイン コンパートメントを備えた 18 リットルの収納スペース
  • 軽量な全天候型デザインに、クッション性と通気性のあるショルダー ストラップも装備
  • 寸法: 50.8 cm x 29.2 cm x 22.9 cm

GoPro公式ページSeeker(シーカー)より引用

おおえびてんどん

全天候型って意外と少なくて貴重。しかも前面のGoProロゴもいいですね。
MEMO
GoPro本体を持っている人がより活用できる設計になっています。




Seeker(シーカー)価格が変更

公式価格が変更になり、2018年10月09日現在の価格は

18,500円

Appleが以前出していたTHULEもこのくらいの値段でしたのでだいたいガジェットの公式リュックの価格帯なのでしょう。

おおえびてんどん

GoPro勢は絶対に買っておいた方がいいアイテム。