自動化メディアの知名度、人気ランキング!

Apple Watch標準搭載アラーム機能リモート操作が便利すぎる3つの理由

おおえびてんどん

Apple Watchのアラーム機能は使った人だけが分かる最高の機能

朝寝坊しないようにたくさん目覚ましをかけている人は要チェックの記事になるかと思います。今日もASHETPIA【アシェトピア:LIFE STYLE HACK MAGAZINE】を見てくださりありがとうございます。編集長のおおえびてんどん(@oab10don)です。

Apple Watchだからこそできる技

今回もApple Watchの話題ですがこの「腕に着けていること」が生み出せる強みというのは想像以上に驚異的であることがわかります。今回はそんなApple Watchだからこそできる標準搭載アラーム機能リモート操作のおすすめ3つをご紹介いたします。

実は驚異的、アラームを腕の上で止めれる凄さ

アラームがなったときに、携帯を探して、携帯を手にとって、画面を操作して止める。というアラームに関する一連の流れ。この流れ一見普通の動作で当たり前のように出来ることなので、問題視していない方も多くいらっしゃると思いますが、忙しいときはこのアラームを止める行為が煩わしくなることありませんか。

たとえば携帯をカバンの中に入れていてミーティングをしているとき。鳴っているけど止めづらい。

たとえば朝携帯をベッドに置いたまま顔を洗っている時。鳴っているのは分かっているのに、手が濡れているし、顔も濡れているしすぐ止めれない。

たとえば朝もうすでに起きていてご飯を食べているときに設定していた目覚まし用のアラームが鳴っている時。「もう起きとるわ」と設定した自分に苛立ちを感じながらも止めるのが面倒臭い。

全てが腕の上で解決する、そうApple Watchならね。防水だし。




アラームを腕で感じて起きること

これがまあ心地いい感じで起きれるから不思議。私は日頃からiPhoneアラーム機能を使って目覚ましをかけていますが、音に慣れるとアラームアラームとして機能しなくなります、そう遅刻です。しかしながらApple Watchを腕につけていると睡眠のログを計測しながらも、アラームの存在を振動で教えてくれます。この振動が絶妙に心地よく、しかもあまり慣れることのない感覚で、私の起床をスムーズに誘導してくれます。

しかも私は普段メガネをかけているのですが、寝るときはメガネを外して寝ます。朝起きてアラームを止めるのにわざわざメガネを探してかけて止めるという手間がなくなるのは、朝の鬱々とした気分を拭ってくれる感じさえあるのです。

ポモドーロテクニックの究極体

以前スマホ依存症は知らない間に陥っている!携帯を見ないことで捗った3つのこと。でも紹介をさせていただきましたが、集中力の持続方法「ポモドーロテクニック」25分間仕事をして5分休憩を取る。この30分のサイクル「ポモドーロ」を積み重ねていくことで、仕事能率をあげることのできる方法なのですが、実際に携帯のアラームでこのテクニックを使うと、携帯の存在が邪魔。そしてアラームを止めるために携帯を触らなければいけないので、誘惑もある(←意思の弱さ)。時間管理もApple Watchの通知だけで十分活用できて、作業効率が一気に上がります。

しなくていいことはしない選択を

慢性的にやっていること、習慣となっていることの中には必ずしも必要でないものもあります。私たちの生活を振り返ると無数に存在するものでしょう。その一つ一つにスポットを当てて、自分がするべきことなのか、短縮できることなのか考えていくと、限られた時間を有効に活用することができるかもしれませんね。

おおえびてんどん

時間ができたので、スプラトゥーンしてきます。これは25分では終わらない。欲を言えば25時間。あ、明日仕事だわ。