【暮らしの自動化】3,000円から始めるスマートホーム!

Apple WatchとYahoo!天気、設定1つで神ツールになることが判明。

Yahoo!天気の設定1つだけで変わるApple Watch

今回の設定するのは「Apple Watch」側ではなく「iPhoneのYahoo!天気アプリ」。

  • STEP.1
    アプリを起動
    Yahoo!天気」を起動。
  • STEP.2
    「メニュー」をタップ
    下部の「メニュー」をタップ
  • STEP.3
    「アプリの設定」をタップ
    「アプリの設定」に進みます
  • STEP.4
    Apple Watch設定」をタップ
    表示地点の設定を行います。
  • STEP.5
    「表示地点の設定」をタップ
    自分の所在地を登録します。

この設定だけで「Apple Watch」の方で以下のような表示が可能になります。

 

何と言ってもApple Watch上で「雨雲レーダー」が利用できるというのが至高。今までは通知やiPhone上で確認していた頭上の雨雲をApple Watchで。

新しい優越感をその腕の中に。

今までの普通ににちょっと疑問を持ち、日々勉強をすると見えてくる新しい使い方。その発見はより便利な生活を実現させてくれるものになります。

これで少しは雨も楽しくなる…かも?

天気予報アプリは開かない。雨が降る前に「自動通知」してくれるYahoo!天気が便利。

引き続き自動化メディアをお楽しみください。