自動化メディアの知名度、人気ランキング!

デジタル名刺「2bs」の使い方!アプリ不要で使いやすい次世代型名刺。

突然必要になるもの。しかも無いと少し不便になるもの。それらを常に持っておくためにはどうすればいいでしょうか。

ーーーそれは常に持っているものに装備させてしまうこと。

今回は「名刺の効率化」。アプリ不要で基本サービス無料、スマホで使えるデジタル名刺「2bs」のお話。

この記事を読んで分かること

  • デジタル名刺のメリットデメリット
  • デジタル名刺「2bs」の使い方

デジタル名刺のメリット・デメリットとは

この自動化メディアでも過去2回「名刺の自動化・効率化」ということで「デジタル名刺」を取り扱ってまいりました。ソーシャル要素特化のEight、UXが素敵なmyBridgeと効率的な名刺活用が可能なデジタル名刺アプリ。ではそのデジタル名刺とは一体どういったメリットを持つものなのでしょうか。

myBridge、自動名刺管理アプリのシェア機能が非常に便利。 名刺は5秒で捨てよう!これからはスマホで渡す、保存、連絡の時代「Eight」

デジタル名刺のメリット

紙製の名刺ではなくデジタル名刺を利用することで以下のメリットが生まれます。

  • 印刷する必要がない
  • 保管に場所を取らない
  • 忘れるリスクが少ない
  • 残り枚数を気にしなくて良い
  • 紙を使わないため環境に良い
  • デザイン、内容の変更が容易に行える

と名刺を使ったことがある人には嬉しいメリットばかり。
紙製の名刺を捨てる必要はありませんが、デジタル名刺を用意していて悪いことはありません。

デジタル名刺のデメリット

デジタル名刺を用意していて悪いことはないと言ったばかりですが、実は盲点があります。それは

デジタル名刺アプリが多すぎる

という問題。そしてその互換性の少ないことから、お互いデジタル名刺を持っているけれど交換に手間がかかってしまうという事態になることもしばしば。

この問題を解決するには統一された規格や共通のコードのようなものが必要になってきます。今回のデジタル名刺「2bs」はそこを的確に押さえているため、デジタル名刺の普及を加速させるサービスのひとつであることがわかります。




2bsはどんなデジタル名刺なのか

今回利用させて頂いて早速3つの大きなメリットを体感しました。

  • アプリやインストールが不要
    →ブラウザ上で完結するため面倒な設定がいりません。
  • メールアドレスだけで簡単登録
    →電話番号やSNS連携もありますが、最初は不要で登録可能。
  • QRコードで簡単名刺交換
    →そしてこれが最強。QRコードで交換可能なことによりほぼ全ての人に名刺を渡すことが可能。




実際に2bsを使ってみよう!

それでは実際に2bsを使ってみましょう。登録は簡単。先ほども記載したように「メールアドレス」だけで登録が可能です。

【動作推奨環境】
Android 4.4 以降 Google Chrome 最新版 iOS 11 以降 Safari 最新版 Windows 7 以降 Google Chrome 最新版 Mac OS 10 以降 Safari 最新版
  • STEP.1
    2bs公式サイトにアクセス
    下記のボタンから2bs公式サイトに進むことが可能です。

    2bs公式サイト

  • STEP.2
    アカウントの設定
    アカウントをどの形態で利用するかを選択し、メールアドレスを入力します。

  • STEP.3
    確認メールの送信
    メールアドレスを入力し、確認メールを送信します。メールアプリに移り2bsからのメールを待ちましょう。

    注意
    送信エラーを称した迷惑メールが存在します。メールを確認する際は今一度送信先、内容を確認しましょう。

    実際にくるメールはこのような形のメールです。

  • STEP.4
    必要事項の入力
    正しいリンクの先にはパスワードをはじめとした、本人の名刺を作る上で必要な情報の入力があります。案内に沿って入力しましょう。
  • STEP.5
    登録完了
    必要事項の入力が終われば登録完了。これであなたのデジタル名刺の基本が完成しました。早速ログインしましょう。

私が実際に作った名刺はこちら

いたってよくある会員登録みたいな流れでデジタル名刺が作成できてしまいます。さらにデザインも変更でき、最初は真っ白な名刺ですが、自分の好きな文字色・背景色を選択することが可能です。

ちょっとこうしたい
できればフォントサイズやデザイン面のカスタマイズができたらいいなあと思ったところではありますが今後のアップデートをこっそり楽しみにしているところです。




2bs、実際に使ってみてどうだった?

2bsの公式サイトでは様々な魅力が紹介されておりますが、中でも今回特に感じたのは以下紹介されている2点です。

【名刺を忘れること、ありますよね】

スマートフォンがあれば、いつでも自分の名刺を表示することができるので紙の名刺を持ち歩く必要はありません。 相手はアプリをインストールしなくても、QRコードリーダーであなたと名刺交換することができます

【紙の名刺は不要!?名刺の作り方が変わる!】

2bsをみんなが使用すれば、いつでも最新の名刺情報を引き出すことができ、情報が劣化する紙の名刺は不要、名刺のペーパレス化が実現します。 しかしながら昔から根付いた名刺の文化や、営業活動で名刺を残していくといった使い方もあることから、紙の名刺が無くなることはないでしょう。 ただし2bsを併用することで、紙名刺に記載する情報は最小限で済むはずです。 将来変更する可能性の低い情報(社名、氏名、QRコード)のみを印刷するテンプレートを作成することで、情報変更による紙名刺の廃棄ロスを最小限に抑えることができるでしょう。 また、読めないような小さな文字を詰め込んで印刷する必要もありません。

2bsの公式サイトより引用

私の使ってみた感想は「簡単、とりあえず迷ったらこれを使ってみる」といった感じです。デジタル名刺交換の際「あ、どのアプリ使ってますか?」「え、そのアプリなんですか?」といったやりとりはナンセンスですからね。

デジタル名刺「2bs」の個人的評価
利便性
(5.0)
デザイン性
(3.0)
操作性
(4.0)
総合評価
(4.0)

今までありそうでなかった、あったけど足りなかった部分を補完したサービスとなったデジタル名刺2bs。今後のデジタル名刺業界に注目するとともにまずは手軽に自分のデジタル名刺を作って、使ってみたいものです。

引き続き自動化メディアをお楽しみください。