【暮らしの自動化】3,000円から始めるスマートホーム!

ZOZOスーツで注文したスリムテーパードデニムパンツが至高すぎる件。

店舗に行く必要も試着の必要もないメリット

洋服を探すのが楽しいと言う人にとっては当てはまらないことですが、少なからず私のように

  • 店舗に行くのが面倒
  • 店員に話しかけられるのが嫌
  • 試着が好きじゃない
  • サイズが合うものがない
  • 時間をかけたくない

と言う人にとってはZOZOスーツを元に洋服を購入できるのは本当に最高のサービス。

一度測ってしまえばあとは自動でサイズを選んでくれますし、オリジナルブランドZOZOであればオリジナルサイズの洋服が手に入るという流れ。

この自動化、私の中では衣食住の「衣」を完全網羅したポジションになりました。

現在靴分野、女性下着分野も展開を計画するZOZO。これからますます楽しみが増えそうですね!

NEWS
2019年6月24日(月)ZOZOMATが発表されました。
ZOZOMAT、先行予約開始。ついに靴選びの自動化が始まる。

個人的にはワンウォッシュ。

ものすごく個人的な見解ですが、ブラックよりワンウォッシュ。

私の場合ブラックは白い毛や埃などが目立ってしまったために、ワンウォッシュ派に。