▷ 5,000円で始める自動化スマートホーム

【音声入力ブログ講座】入力の自動化!今日から始められる音声入力ブログ!

おおえびてんどん

音声入力に慣れると文章量も会話力も上達するから本当に収穫が大きいです。誰でもできるというのがポイント。

この記事を読んで分かること

  • 音声入力をする際に必要なもの
  • 実際の入力動画
  • 音声入力ブログを作成する手順

今日も自動化メディアASHETPIA【アシェトピア:LIFE STYLE HACK MAGAZINE】を見てくださりありがとうございます。編集長のおおえびてんどん(@oab10don)です。

今おすすめする自動化はこちら!

amazonから始まる新しい本のサービス、無料体験中!本は読まずに自動で耳へ!

音声入力すると体感で5倍仕事が速くなる

以前の記事でもご紹介したように、タイピングで入力するよりも確実に早く入力できるのが音声入力の大きなポイント。入力だけでなく変換、確定も行ってくれるアドバンテージに加え、両手がフリーになるため、違う作業を進めることもできます。体感で5倍くらい速く作業ができているような感覚に。




実際の動画で作業スピードを確認しよう

速度が速いといっても人によってその感覚は違います。実際に音声入力しているスピードを動画で確認していただき、応用ができそうな場合はご活用ください。

音声入力に必要なものとその手順

「何か」を始めようとすると「何か」するための準備が必要です。しかしこの準備に多額の資金がかかるようでは敷居が高く、なるべくローコスト、既に持っているものでできるのが理想的。

音声入力に必要なもの

iPhone 1台 (音声入力対応のスマホ・PCで代替可)

今回はこれだけで音声入力ブログの準備は完了です。簡単ですね!それでは実際にやってみましょう!

音声入力の手順

  • STEP.1
    「メモ」を開いてマイクマークをタップ
    左下にあるマイクの形をしたボタンをタップしましょう。
  • STEP.2
    点線と音を確認したら話しかける
    キーボードが点線に代わり、「ポン」という録音開始の合図が流れるので話しかけましょう。
  • STEP.3
    波長と入力結果を確認
    音声を感知すると点線が波長を表します。それと同時に認識した音声が上に文字化されていくので確認をしましょう。
  • STEP.4
    音声入力完了!
    お疲れ様でした!慣れると良いスピード感が出せると思います。

現在確認している音声コマンドの一例

  • 「  」→”てん”
  • 「  」→”まる”
  • 「  」→”かぎかっこ”
  • 「  」→”かぎかっことじ”
  • 「  」→”かっこ”
  • 「  」→”かっことじ”
  • (改行)」→”かいぎょう”
注意
変換ミスや入力ミスも稀に発生しますので、投稿前に添削をするとより精度の高い文章になります。

音声入力文章が書けると良いスピード感でコンテンツを生み出せますね!自分の資産を音声で作っていく流れ。ストックを量産していきましょう!

おおえびてんどん

もちろんだらだらしゃべっているだけではだめですけどね…

引き続き自動化メディアをお楽しみください。