【おすすめ】2020年年賀状も自動作成&自動印刷!

Amazon Prime会員が次にすべき1つのこと【特集ASHETPIA】

Amazon Prime使っていらっしゃいますか?Amazonの商品送料無料、お急ぎ便無料の特典はさることながら、Primeビデオによる映画、Prime Musicによる音楽、Prime Readingによる読書など、コンテンツサービスの充実ぶりに目が離せない、非常に便利なサービスですね。今日もASHETPIA【アシェトピア:LIFE STYLE HACK MAGAZINE】を見てくださりありがとうございます。編集長のおおえびてんどん(@oab10don)です。

驚異のサービス「Prime Music」

Amazonプライム会員になるだけで収録されている楽曲を聞くことのできる驚異のストリーミングサービス。プレイリストなども豊富で、私もよく家でBOSEのBluetoothスピーカーに繋いで最高のくつろぎを味わっています。


収録楽曲数「100万曲以上」


何がすごいかというと「100万曲以上」の曲が聴けることです。今まで知らなかった曲との運命的な出会いなんて頻繁に起こります。なぜなら「100万曲以上」聴けますからね。その中からテーマに合わせたプレイリストも自動で作られるため、その日その時の気分、シーンに合わせて音楽を楽しむことが可能です。ちなみに私は今「仕事初めに聴くポップス」のプレイリストを再生しながら記事を書いています。


Prime Music」の弱点


 

驚異的なサービス「Prime Music」ではありますが、実は弱点がしっかりと存在いたします。それは「人気曲の収録数」。実際に2018年4月邦楽ランキング(「レコチョク」様よりランキング内容を引用)をどれほど網羅しているかを確認してみましょう。

 

ランキング

楽曲名

Prime Music

1

Just The Way You Are

EXILE ATSUSHI

×

2

Lemon

米津玄師

×

3

笑一笑〜シャオイーシャオ〜

ももいろクローバーZ

×

4

ONE TIMES ONE

コブクロ

×

5

奏(かなで)

スキマスイッチ

6

零 -ZERO-

福山雅治

×

7

My Star

EXILE

×

8

ガラスを割れ!

欅坂46

×

9

ドラえもん

星野 源

×

10

ノーダウト

Official髭男dism

×