▷ 5,000円で始める自動化スマートホーム

資産運用?投資信託?一番わかりやすく説明する意外と理解していない言葉の意味。

おおえびてんどん

本当に初心者なので噛み砕きまくって説明してみることにしました!

今日も自動化メディアASHETPIA【アシェトピア:LIFE STYLE HACK MAGAZINE】を見てくださりありがとうございます。編集長のおおえびてんどん(@oab10don)です。

今おすすめする自動化はこちら!

おおえびてんどん

amazonから始まる新しい本のサービス、無料体験中!本は読まずに自動で耳へ!

意外と理解していない言葉の意味

ロボアドバイザーが自動運用する「ウェルスナビ」や最近5万円で始めた「トライオートETF」など多くの資産運用、投資信託には様々な「難しい言葉」が出てきます。私もまだ分からないことが多いのでとにかく出てきた単語を噛み砕きまくって記録していこうと思います。

今回は特に初心者のための3単語を取り上げます。

資産運用

投資信託

ETF

それではいってみましょう!




基本中の基本!資産運用って何?

資産運用

自分のお金を使い、将来増えたらいいなあと様々なサービスにお金を投じて、効率的に増やしていくこと。

投資信託

希望する人々からお金を集めて、そのお金を元に資産運用に詳しい人が様々な商品を買うように決めて、その商品で儲けが出たときにお金を出してくれた人に分けてくれるサービス。

ETF

お金関係のサービスに関して総理大臣の許可をもらった会社、そこで取引されている投資信託のこと。

おおえびてんどん

噛み砕き方は人それぞれですので、少しニュアンスが違うこともあるかもしれませんが、流れが少しおわかりいただけましたでしょうか、それではまた次回!

引き続き自動化メディアをお楽しみください。