▷ 5,000円で始める自動化スマートホーム

KindleにNewモデル。フロントライトがついて10,000円以下で購入可能に。

2019年4月10日、AmazonからKindleのNewモデルが登場します。今回の目玉はなんといっても低価格でありながらフロントライトがつくという点。より読書の楽しみが増えそうです。

この記事を読んで分かること

  • Kindleフロントライトは必要か。
  • Kindle Newモデルは購入すべきものかどうか。

Kindleのフロントライトは必要かという問題。

フロントライトは必要。

Kindleシリーズに搭載されているフロントライト、実際にいるかどうか悩んでいる人も多くいらっしゃいます。Kindleユーザーの私(KindlePaperwhiteユーザー)から言わせてもらうのであれば絶対にあったほうがいいものです。

というのも読書するスタイルにもよるかもしれません。いつも一定の明るさのところで決まった姿勢で読書をする方にとっては必要ありませんが、このKindle買ってみると想像以上に読書が楽しくなりり、結果様々な場所で読むことになります。その際この「明るさ」が絶妙な鍵を握るのです。

実際に持っているKindlePaperwhiteで明るさの比較をしてみました。カメラの明るさの性能上見え方は変わりますが、フロントライトのあるなしの違いがお分りいただけると思います。

KindlePaperwhite、明るさ「0」

KindlePaperwhite、明るさ「12」(中間)

KindlePaperwhite、明るさ「24」(最大)

フロントライトの明るさはKindlePaperwhiteでは24段階の調整が可能となっており、環境に応じて使い分けることで長時間の読書も疲れづらくなり、内容に集中することができます。

外や明るさが増す環境での利用に関しては特にこのフロントライトが役にたちます。




KindleNewモデル、今回は買いなのか。

正直に申し上げると、今回のKindleNewモデル

  • Kindleシリーズを持っていない人→安く欲しい場合は買い。
  • Kindle旧モデル(フロントライトなし)の人→明るさに困っているのであれば買い。
  • KindlePaperwhite以上の機種を持っている人→特に必要ない。

と考えます。以下AmazonKindle特設ページからの機種詳細です。

Kindle 電子書籍リーダー Wi-Fi 4GB ブラック 広告つき (Newモデル)

Kindle (Newモデル)

Kindle Paperwhite 電子書籍リーダー 防水機能搭載 Wi-Fi 32GB

Kindle Paperwhite

Kindle Oasis 電子書籍リーダー 防水機能搭載 Wi-Fi 32GB

Kindle Oasis

価格

¥8,980¥13,980¥29,980

ディスプレイサイズ

6インチ反射抑制スクリーン

6インチ反射抑制スクリーン

7インチ反射抑制スクリーン

容量

4 GB

8 GB / 32 GB

8 GB / 32 GB

解像度

167ppi

300ppi

300ppi

フロントライト

LED 4個

LED 5個

LED 12個

数週間持続バッテリー

✔︎✔︎✔︎

フラットベゼル

✔︎✔︎

防水機能

✔︎✔︎

明るさ自動調整機能

✔︎

ページ送りボタン

✔︎

接続

Wi-Fi

Wi-FiまたはWi-Fi + 無料4G

Wi-FiまたはWi-Fi + 無料3G

Kindle電子書籍リーダーの通販ならAmazon.co.jp(アマゾン)から引用。

Kindleを買うと読書が楽しくなるのは事実。

これまで自動化メディアでも「自動化で空いた時間に読書」ということでKindleの紹介を何回か行いましたが、読書嫌いでも少し読んでみようと思えるのがこのKindle

Kindle Unlimitedの30日無料登録で読める本の数は相当な数になるのも魅力です。

過去にKindleの紹介をした記事もありますので最後にそちらも合わせてどうぞ。それでは素敵なKindleライフを!

引き続き自動化メディアをお楽しみください。