▷ 5,000円で始める自動化スマートホーム

スマートホームが加速する高画質ネットワークカメラ「Kasaカメラ KC100」に期待大。

TP-Link様から2019年6月20日(木)に高画質ネットワークカメラ「Kasaカメラ KC100」が発売されることが発表されました。今回の「Kasaカメラ KC100」は気軽にIoT製品を試したいライトユーザーに向けての商品ということもあり、手頃な値段と使いやすさが特徴的なアイテムに。

写真はhttps://www.tp-link.com/jp/press/news/18375/ より引用

この記事を読んで分かること

  • 「Kasaカメラ KC100」で発表された嬉しい「10個の機能」
  • 気になるその価格とプラン

Kasaカメラ KC100、10個の嬉しい機能。

写真はhttps://www.tp-link.com/jp/press/news/18375/ より引用

今回TP-Link様から発表されたKasaカメラ KC100には以下の機能がついているとのこと

  1. 高画質かつナイトビジョンモード
  2. スクリーン付きスマートスピーカー対応
  3. どこからでも視聴可能
  4. セキュリティ完備
  5. 内蔵センサーの検知で即時通知。
  6. 相互通話も可能
  7. 自由にアクティビティゾーンの設定が可能
  8. スケジューリング
  9. 24時間見守り
  10. 付属の設置キットで簡単に最適なカメラ配置が可能。

https://www.tp-link.com/jp/press/news/18375/ より一部引用

中でも今回特に嬉しいのが

スクリーン付きスマートスピーカー対応
どこからでも視聴可能

という点。

※2019年6月時点、Echo Spot、Echo Show、Echo Show 5またはFire TV Stick/Fire TV Stick 4K 第2世代に対応。

Echo Spot を見る

新登場 Echo Show 5 を見る

以前紹介したTP-Link様の「ミニスマートWi-Fiプラグ」でもやはり遠隔から操作できる機能がスマートホームらしさを加速させるとともに、利便性の高いポイントでした。

スマートプラグの使い道で暮らしの自動化が加速。スマートホームを支える「ミニスマートWi-Fiプラグ」 スマートプラグ「ミニスマートWi-Fiプラグ」の詳細について

今回のKasaカメラ KC100でもその利便性は搭載。家の様子や屋外の確認用にも使えます。個人的には玄関に付近に設置して不審なアクティビティを感知した時に通知してくれるように利用したいなと思っています。