自動化メディアの知名度、人気ランキング!

HTML名刺が圧倒的便利!シンプルかつ使いやすいデジタル名刺の究極版!

これまで様々なデジタル名刺をご紹介してきましたが、個人的にはここで本命に出会いました。シンプルで気取らない、だからこそわかりやすいデジタル名刺の究極版。

この記事を読んで分かること

  • HTML名刺は気取らないシンプルなデジタル名刺
  • Twitterでログインするとより便利に使える

HTML名刺がデジタル名刺の究極版である理由

HTML名刺が個人的にデジタル名刺の究極版であるというポイントの紹介の前に実際に僕の「HTML名刺」をみてみましょう。

実にシンプル。それがこのHTML名刺のいいところ。まずHTML名刺のコンセプトとして「気取らない自己紹介サイト」というものが謳われています。そのとおり華美な装飾やカスタマイズは一切なし。

ではこの点も含め、僕がこのHTML名刺を究極版というポイントをご紹介。

  • デザインがシンプルでわかりやすい
  • 各リンクが見やすい
  • 無駄なページがなく1ページで完結
  • QRコードですぐにシェアが可能
  • ツイート機能ですぐにシェアが可能
  • Twitter連携が楽で優秀

メリットばかりのHTML名刺。今の所この使いやすさ、シェア機能の快適さでこの名刺を超えるデジタル名刺はないと感じたほど。




Twitter連携ですぐにHTML名刺が作成できる

デジタル名刺を作るときに面倒くさいのが「基本情報を入力しなければいけない」「読み込める実際の名刺を持っていないとできない」という点。しかしHTML名刺では「Twitter連携」をするだけでTwitterの基本情報を自動読み込み、自動作成をしてくれます。プロフィール画像まで読み込める便利さ。

  • STEP.1
    「HTML名刺」公式サイトへ
    HTML名刺公式サイトへ移動し、「自分の名刺を編集」をタップして作成に移ります。

    HTML公式サイトへアクセス

  • STEP.2
    Twitter連携をする
    「Twitter連携して始める」をタップ

    注意
    現在許可なくTwitterに投稿されることはありませんが、このアプリケーションに対する各許可項目を読んでおきましょう。
  • STEP.3
    編集開始
    Twitterの情報が既に反映されています。自分で項目の追加、リンクの追加が可能なため必要に応じて編集しましょう。

Twitterでそのまま名刺をツイートすることができるのも大きなメリット。そしてhttpsから始まるリンクを掲載すると自動でデザイン化してくれる優しさまで。

至れり尽くせりの名刺機能。そしてまさかのサービス利用料金が無料。是非自分用の「HTML名刺」を作って、今後の仕事や趣味用に使ってみてください。

参考におおえびの名刺を見る

HTML公式サイトへアクセス

過去のデジタル名刺記事はこちらから

myBridge、自動名刺管理アプリのシェア機能が非常に便利。 デジタル名刺「2bs」の使い方!アプリ不要で使いやすい次世代型名刺。

引き続き自動化メディアをお楽しみください。