▷ 5,000円で始める自動化スマートホーム

Amazonプライム会費を値上げ。月間プランは400円(税込)から500円(税込)に。

Amazonが2019年4月12日、Amazonプライムの会費を改定し、値上げになったことを発表しました。

この記事を読んで分かること

  • 月会費は400円(税込)から500円(税込)に
  • 年会費は3,900円(税込)から4,900円(税込)に
  • 2019年5月17日以降から改定後の会費が適用

Amazonプライム会費を値上げ。

Amazonプライムの会費についてより引用

Amazonが2019年4月12日、Amazonプライムの会費を改定しました。

年会費:3,900円(税込)→4,900円(税込)

月会費:400円(税込)→500円(税込)

改定価格としては年会費が1,000円、月会費が100円と大きく変わりましたが、得られるサービスも多い点から解約を考える人は少ないようです。




Amazonプライム会費改定後の請求はどうなるか

Amazonプライム会費改定後の請求は

2019年5月17日以降から適用

とのこと契約中のユーザーは念の為確認しておきましょう。

月会費・年会費の各支払いプランのプライム会員のお客様が、同じ支払いプランを更新される場合、2019年5月17日以降の請求から、改定後の会費が適用されます(※)。※4月12日以降に会費プランを変更(例:月会費から年会費に変更)された場合は、改定後の会費が適用されます。

Amazonプライムの恩恵は大きい。

価格が改定されたといっても解約する人が少ないと予測されるAmazonプライム。それは圧倒的なサービス量が故でしょう。執筆現在でも

  • 配送特典
  • プライム・ビデオ
  • Prime Music
  • Twitch Prime
  • Amazon Photos
  • Kindleオーナーライブラリー
  • 会員限定先行タイムセール
  • Prime Now(プライム ナウ)
  • Amazonファミリー
  • Prime Reading
  • Amazon Mastercard
  • Amazon Music Unlimited
  • バーチャルダッシュ
  • Amazonパントリー
  • Amazonフレッシュ
  • プライム・ワードローブ
  • Prime Pets (プライムペット)

が存在します。これらが月額500円で利用できるのであれば、到底問題はなさそうです。

Amazonプライムをみてみる。

KindleにNewモデル。フロントライトがついて10,000円以下で購入可能に。

引き続き自動化メディアをお楽しみください。