▷ 5,000円で始める自動化スマートホーム

AirDrop痴漢を未然に防ごう!iPhoneユーザー必見、自動であなたを守る簡単設定3ステップ!

近年話題となる「AirDrop痴漢」。この迷惑行為はApple製品の便利機能「AirDrop」を使って、見知らぬ人に不適切なデータを送るという悪質かつ(なにがしたいの?)というもの。今回は簡単にその被害から身を守るための設定のお話。

この記事を読んで分かること

  • AirDrop痴漢は端末を検出されることで発生する!
  • 簡単設定でAirDropの端末検出をされないようにしておこう!

AirDropは本来非常に便利なおすすめ機能ということ

以前当ブログメディア人気のiPhoneショートカット特集でも紹介するほどAppleの「AirDrop」は非常に便利かつ汎用性が高いことから利用されている方も多くいらっしゃると思います。

AirDrop を使えば、近くにあるほかの Apple 製デバイスと、写真、ビデオ、書類などをすばやく共有できます。

Apple「iPhone、iPad、iPod touch で AirDrop を使う」より引用

仕事上でも非常に役に立つこの「AirDrop」。僕もよくiPhoneとMac間のデータのやりとりに利用をしています。余計な手間もなくドロップするだけでデータ転送、これ以上の受け渡しはないと思うくらいの快適さ。