自動化メディアの知名度、人気ランキング!

AirDrop痴漢を未然に防ごう!iPhoneユーザー必見、自動であなたを守る簡単設定3ステップ!

近年話題となる「AirDrop痴漢」。この迷惑行為はApple製品の便利機能「AirDrop」を使って、見知らぬ人に不適切なデータを送るという悪質かつ(なにがしたいの?)というもの。今回は簡単にその被害から身を守るための設定のお話。

この記事を読んで分かること

  • AirDrop痴漢は端末を検出されることで発生する!
  • 簡単設定でAirDropの端末検出をされないようにしておこう!

AirDropは本来非常に便利なおすすめ機能ということ

以前当ブログメディア人気のiPhoneショートカット特集でも紹介するほどAppleの「AirDrop」は非常に便利かつ汎用性が高いことから利用されている方も多くいらっしゃると思います。

AirDrop を使えば、近くにあるほかの Apple 製デバイスと、写真、ビデオ、書類などをすばやく共有できます。

Apple「iPhone、iPad、iPod touch で AirDrop を使う」より引用

仕事上でも非常に役に立つこの「AirDrop」。僕もよくiPhoneとMac間のデータのやりとりに利用をしています。余計な手間もなくドロップするだけでデータ転送、これ以上の受け渡しはないと思うくらいの快適さ。




AirDrop痴漢を未然に防ごう!簡単設定3ステップ

しかしながらこの「AirDrop」。設定次第では見知らぬ誰かにデータを送りつけることも可能。今回ニュースにもなった「AirDrop痴漢」はとある設定をしていなかった人に向けて不適切なデータが送られたという事案。

これは自分の端末が「第三者から検出可能」になっていることが原因。

事前に設定するだけで第三者から端末検出されることがなくなるので、この機会に設定を行っておきましょう。

  • STEP.1
    「Wi-Fi」アイコンを長押し
    コントロールパネルのWi-Fiアイコンを長押しします。

    注意
    3Dtouchがある端末では少し押し込むことで展開します。
  • STEP.2
    「AirDrop」をタップ
    左下の「AirDrop」をタップします。

  • STEP.3
    AirDropの検出範囲変更
    用途に応じて「受信しない」か「連絡先のみ」を選択します。「すべての人」という選択をしてしまうことで第三者から検出可能になってしまうため、注意が必要です。

この3ステップだけで「AirDrop痴漢」は対策が可能です。突然不快な思いをしてしまわないように、今すぐ設定をしておきましょう。

https://twitter.com/oab10don/status/1164010389387874305?s=20

AirDrop使う人、要注意!自動圧縮するショートカット「RE:AirDrop」が便利すぎる!

引き続き自動化メディアをお楽しみください。