【暮らしの自動化】3,000円から始めるスマートホーム!

通勤に往復1時間以上使っている人要注意!1年で丸1ヶ月を無駄にしている悪魔の罠!

おおえびてんどん

毎日ただただ時間を過ごしていると、とんでもない数字になっているんです。

この記事を読んで分かること

  • 無意識に過ごしている時間が何時間あるか。
  • 朝活で周囲と差をつけよう。

今日も自動化メディアASHETPIA【アシェトピア:LIFE STYLE HACK MAGAZINE】を見てくださりありがとうございます。編集長のおおえびてんどん(@oab10don)です。

今おすすめする自動化はこちら!

amazonから始まる新しい本のサービス、無料体験中!本は読まずに自動で耳へ!

蓄積する時間を把握しよう。

この表をみてください。今回の記事用に自動化メディアASHETPIAで作成したものです。上が「時間」横が「継続期間」です。

例であげてみると

毎日「2時間」の作業を「1年間」続ける
「1ヶ月」の時間相当になる。

ということがわかる表です。

これはプラスにもマイナスにもあてはまることです。

ぼーっとテレビを4時間毎日見ていたら、1年で丸2ヶ月テレビを見ていたことに。
朝早く起きて2時間勉強していたら、1年で丸1ヶ月勉強していたことに。

時間の使い方は難しくも面白いポイントですね。