▷ 5,000円で始める自動化スマートホーム

働き方改革、プレミアムフライデーができていない会社が多い理由。

毎日遅くまで仕事、早く帰っても仕事、そんな日常が普通に感じてきている人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。今日も見にきてくださり、ありがとうございます。ASHETPIA【アシェトピア:LIFE STYLE HACK MAGAZINE】編集長のおおえびてんどん(@oab10don)です。

「会社で残業をする人が偉い」という風潮

日本には「会社で残業をする人が偉い」という風潮が多く存在しているように思えます。残業をしない人は楽をしている。家で仕事をしても、何をしているかはわからないから、結局は「会社で残業をする人」が頑張っている、偉い人、努力している人とみなされる。そんな風潮はありませんか?

定時とはいったいなんなのか。

定時になり「すみません、予定があるのでお先に失礼します。」と発言する社員がいます。

はっきりいって「何も謝る必要性もなければ、予定がなくとも帰っていい」と思います。定時ですもの。

なぜそのような発言をさせてしまったのかは「組織」の問題であると考えます。緊急の仕事の場合を除き「慢性的な残業」が続くと「先に帰ること」=「悪」という雰囲気が漂います。世間で言われる「付き合い残業」。この雰囲気があの発言を生んでしまう要因。日常的に業務分担を「時間」の観点からも話し合い「定時に終わらせる雰囲気」を生み出して「定時に帰る流れ」を作らなければならないのではないでしょうか。

「何か手伝えることありませんか」よりも事前のヘルプが大切

「あの人は時間になったら何も手伝わずに帰る」と言う社員がいます。これはなぜ前もって手伝って欲しいという気持ちを伝えないのかという問題になります。時間に余裕をもって「これ少し手伝ってもらってもいい?」と協力を求めれば時間内に最大の協力を得られるのではないでしょうか。




自分の時間を持つ、作ることの大切さ

ここまで言うのには私にも「ある想い」があるからです。それは自分の時間が一番「自分を伸ばしてくれる時間」だと思うからです。

時間が生み出すベストサイクル

自分の時間を多く持てれば、勉強をして興味のある分野を強みに変えることができたり、休息を取り体調を万全にすることで、次の仕事の効率も上がったりとメリットばかりか、いいサイクルを生み出すことができます。そしてなにより家族との時間はかけがいのない思い出として蓄積されていくことでしょう。

時間を持つためには作らなければならない

どれだけ待っていても外的要因で時間が生まれることは考えづらいですし、そこまでの時間が勿体無いとさえ感じます。自分から勇気を持って、時間になったら「お疲れ様でした」の一言が普通である状態に持っていくこと、誰かに気を遣わすような環境を作らないこと。自分からのアクションを大切にしていきたいと考えた本日でございました。

おおえびてんどん

みなさんの働き方はどんな感じですか?まずは明日、あなたが上司ならみんなで定時に帰るよう促してみては?